三田村有純漆藝展「金彩漆黒」-新たな地平を見つめて-

IMG_20170312_0001

開催期間 2017.3.23(木)~3.29(水) 
10:30-19:00(最終日のみ17:00まで)

会場 銀座和光
〒104-8105 東京都中央区銀座4丁目5-11
アクセス 東京メトロ銀座駅 A9・A10出口より徒歩すぐ、B1出口直結

観覧料 無料
問い合わせ先  (03)3562-2111(代表)

 

IMG_20170312_0003IMG_20170312_0002

▲銀座チャイム3月号P.40-41(クリックで開きます)

「これまでは〝ものつくり”としての助走期間だったと捉えています。常に変化し続けてきましたが、ここからさらに大きく変化して、新たな〝ものつくり”をスタートさせたいのです」と漆芸家三田村家の三代目であり、江戸蒔絵赤塚派の十代目でもある三田村有純氏。2016年の日展で内閣総理大臣賞を受賞、さらに2017年3月末に東京藝術大学の教授を退任されます。
「ものつくりという言葉には、ものを作るだけではなく、新しい文化をつくっていきたいという願いを込めています。私は、藝術こそが人に生きる力を与え、藝術こそが世の中を強くしていくと考えているのです」。
そんな三田村氏の新たな試みの一つとして、漆と木と和紙でできた空間「MA=間」が会場に設置されます。「ぜひ、中に入ってみてください。きっと、日本で暮らしてきた私たちのDNAに息づく〝何か”が呼び醒まされるはずです」。
ほかに、20代から60代までの各年代ごとに3点ずつ、自らが選ばれた立体作品も展示されます。「いずれも、ある時代の〝あるもの”を抽出した作品です。今振り返ると、時代の予兆を感じさせるものも。あらゆるものに興味があり、表現したいものは絶え間なく湧き上がってきます。この先も、歴史に学び、未来を創っていきたい」。
春の和光ホールで、今後の日本の姿を予見できる作品との邂逅が、待っているかもしれません。

◎会場にて、三田村有純氏によるギャラリートークを予定しております。
3月25日(土) 14:00~

和光ホームページはコチラ

http://www.wako.co.jp/exhibitions/537

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です