研究実績

東京藝術大学における 教育、研究、社会発信実績

教育成果 非常勤助手、非常勤講師を経て
1994年 41歳で常勤助手、44歳で専任講師、助教授、教授

学部生の卒業認定=120名前後

 

三田村有純研究室として

修士=59名 / 博士=9名

(日本2人、中国2人、台湾1人、韓国1人、オランダ1人、ベトナム1人)

研究生=2名(中国、台湾)

客員研究員=4名(台湾、中国、ベトナム、オランダ)

 

東京藝術大学の国際化を推進する  2001年より2017年迄
美術学部国際交流部長、学長特別補佐、学長特命としてアジアセンター長、

国際交流室長、留学生センター長、グローバルサポートセンター長を歴任

 

成果

2007年 120周年「藝大アーツ・サミット07」開催 国際学長会議 藝術宣言

2009年 日中芸術教育シンポジウム開催  北京清華大学 8大学の学長会議 企画運営

2012年 東京藝術大学創立125周年

「藝大アーツ・サミット アジアから世界へ-連携と共生-」総合プロデュース

2016年 スーパーグローバル創成支援校として藝術系大学では一校のみ獲得

海外留学生を100人台から300人、日本からの留学生数を3倍

交流提携校を2倍など 国際芸術交流事業の推進

 

東京藝術大学の社会発信推進  2010年より2015年迄

東京藝術大学藝大アートプラザ所長

三田村有純個人としての実績

海外における講演、ワークショップ、技術指導、授業

(藝術全般、国際交流、日本文化について 英語、中国語、韓国語にて対応)

中国 上海美術館/中央美術学院/清華大學美術学院/中国美術学院/福州工芸美術学校アモイ美術大学/閩江美術学院/中南民族美術学院/北京城市美術学院

上海職業工芸学院/魯迅美術学院/ほか10以上大学、美術館

台湾 故官博物院/台南美術学院/台湾国立手工芸中心/台中文化中心/豊原漆藝博物館

頼高山藝術記念館/中国文化大学/台南市政府/桃園市政府他

韓国 嶺南大学校/国際カソリック大学/日本文化院/ソウル大學校他

スペイン  カペリアデス紙博物館

ハンガリー ブタベスト美術館

ベルギー  日本文化館他

オランダ  シーボルトハウス

ドイツ   ラッククンスト

アメリカ  ニューヨークTHE NIPPON CLUB GALLERY