美術運動体「九つの音色」

1998年から1999年にヨーロッパで感じたことは、過去の日本美術は評価されていても、日本の現代の美術をきちんと伝える組織が無いことであった。帰国後同士を募り、2000年に美術運動体として設立をする。
代々美術家の家系として生まれ、自己の世界を積極的に展開している9人が集まり、国内展覧会、出版、講演会、海外交流展など、文化の総体的な発信に積極的に努めている。
メンバーは、大樋年雄(陶芸)、佐伯守美(陶芸)、須田賢司(木工)、田口義明(漆芸)、中島宗皓(書)、福王寺一彦(日本画)、藤田潤(ガラス)、三田村有純(漆芸)、宮田亮平(鍛金)の9名である。http://www.kokonotsunoneiro.com
1 2 3 (2) 4 (2) 5 (2)
藤田潤 福王子一彦 三田村有純 大樋年雄 中島宗皓
6 (2) 7 (2) 8 (2) 9
須田賢司 田口義明 佐伯守美 宮田亮平

「九つの音色展 つたえあい」
日本橋三越 本館6F特選画廊 2007年10月2日(火)~8日(月)