略歴

1949 東京都杉並区に生まれる
1973 「日展」初出品初入選
1974 「日本現代工芸美術展」初出品初入選
1975 東京藝術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了
江戸蒔絵赤塚派 八代 祖父 自芳、九代 父 秀雄より蒔絵技法他を学ぶ
1976 東京藝術大学 田口善国研究室研究生修了
「漆芸父・子・孫三代展 自芳九十歳記念」(東京 日本橋三越)
1978 東京藝術大学 高橋節郎研究室研究生修了
「日本現代工芸美術展」現代工芸賞 読売新聞社賞 日本テレビ賞受賞
1979 「日本現代工芸美術展」会員賞受賞
1980 第1回個展「三田村有純漆芸展」(東京 赤坂グリーンギャラリー)
1985 第17回「日展」『ピラミス・遥か天空に』特選受賞
1986 個展 (東京 日本橋三越)
1987
-98
平成天皇お通い箱『天空・煌めく』十一合(赤坂虎屋文庫所蔵)
1988 「日展」特選受賞 「第1回サントリー美術館大賞展」
1989 個展 (東京 日本橋三越)
1990 個展 (台湾 台北隔山画館)
1991 「ジャパンデザイン国際コンペティション石川」銀賞、石川県知事賞受賞
1992 個展 (東京 銀座和光アートギャラリー 92 93 95 )
1993
-95
「中国・日本・韓国漆芸三国展」企画、運営、出品(93台湾台中、94日本東京、95韓国大邱)
1996 「現代の美・虹色の漆展」
(ニューヨークジャパンソサエティー美術館・デンバー美術館)
ポーラ美術振興財団 第1回国際交流助成受賞
1997 財団法人日本航空協会 空の日芸術賞受賞
個展 (上海市立美術館)
個展 (東京 銀座和光ホール97 99 01 04 07)
1998
-99
ベルギー王立H.I.F.A.客員研究員として在籍 欧州11ヶ国 漆芸の交流調査
1999 NHK「日本の工芸今 50人 100選展」(パリ、東京、福岡、広島)
2000 日蘭交流400周年記念「現代日本漆芸展」実行委員
(オランダ ヤンファンデルトフト美術館、日本 輪島漆芸美術館)
2001 韓国「清州国際工芸ビエンナーレ」
世界10カ国の審査員(10人)の日本代表として参加、
中国北京清華大学「芸術と科学 国際芸術展」、第1回「九つの音色」(三越本店・東京)、「前進する工芸」Ⅱ(広島田辺市美術館)、「03国際交流作品展 」(韓国大邱大学・福岡国際センター)
2002 「北岩手クラフトランドサミット」運営、基調講演
三菱財団人文科学の特別助成(01~03)を受け、漆を通した国際交流の研究調査
2003 03大邱大学国際交流作品展」招待(福岡)
「前進する工芸展」招待(広島)
「工芸の世紀展」招待(東京藝術大学)
個展(東京銀座 ギャラリー田中 03 06)
2004 第43回現代工芸美術展『記憶をつなぐ刻』文部科学大臣賞受賞
「九つの音色INソウル’04」(韓国ソウル 日本文化院)
2005 『漆とジャパン 美の謎を探る』 里文出版より出版
「北京国際漆芸展」学術討論会講演(北京世紀壇)、
「台湾国際漆芸展」(台湾 清水市文化中心)
国交回復40周年記念「現代の美 日本・韓国交流展」
(ソウル藝術の殿堂・東京藝術大学美術館)
「国際芸術交流展」(韓国大邱大學校博物館)
2006 「九つの音色’06北京」 基調講演「日本の美」(北京 清華大学)
「japan and Korea 漆 arts exhibition」
(東京藝術大学美術館、輪島漆芸美術館)
「日韓国際漆芸」(韓国 大田市現代百貨店)
「うるしのかたち展」 (東京藝術大学アートプラザ)
2007 2007 「月歌会始御題によせて」招待出品 (式年遷宮記念神宮美術館)
「ケレン展」(東京藝術大学美術館)
現在 東京藝術大学美術学部教授、東京藝術大学学長特命、
グローバルサポートセンター長、国際交流室長、留学センター長、中国閩江学院客員教授、日本漆工協会理事、文化財漆協会常任理事、江戸蒔絵赤塚派十代、美術団体九つの音色同人 他