漆の技法

乾漆 (かんしつ)
粘土で原型を作り、石膏に置き換える。石膏の上に離形剤を塗り、糊漆で麻布を貼り重ねる。7枚ぐらい貼った所で型からはずし、漆を塗り重ねる。天平時代に仏像を作った技法と同じで、中国では塞とか夾苧と呼ばれる。軽量、丈夫で自由な造形が可能である。
髹漆 (きゅうしつ)
髹は塗るという意味で、漆を塗って仕上げた面を呼ぶ。塗り立てといって刷毛で上塗りしたままの面、上塗り面を研いで磨き上げた蝋色面などがある。暈し塗りや、絞漆などで仕掛けをした上に漆を塗り重ねて研ぎ上げる技法などを変わり塗りと呼び、多くの表情が可能である。
蒔絵 (まきえ)
日本の正倉院にある金銀鈿荘唐太刀が研ぎ出し蒔絵技法の原点であろうと言われている。
ウルシオールを主成分にした漆は接着力が強いため、漆面に金属粉が定着し、研いでも磨いても、取れずに金属的に光り輝く。
研ぎ出し蒔絵 (とぎだしまきえ)
中塗研ぎの上に黒漆で絵を描き、比較的大きめの蒔絵粉を蒔き、粉固めの後、上塗を行う。固化後、駿河炭で絵の部分を研ぎ出し、磨き上げて仕上げる。絵の部分と地の部分が同一平面になる。粉を粗密に蒔くことで奥行きある表現が可能になる。平安時代に始められた技法。粉の作り方が荒いため、上塗りをするしか方法が無いためできた技法。
高蒔絵 (たかまきえ)
高上げ漆、銀粉、炭粉、錆漆などを使い絵の部分を高く盛り上げておく。その上に絵漆で絵を描き、金粉や銀粉、色粉を蒔く。あとの工程は平蒔絵と同じ。蒔絵の部分が下付けの高さだけ高く盛り上がり重厚感が出る。鎌倉時代に多く作られる。
平蒔絵 (ひらまきえ)
蒔絵筆で漆絵(紅柄粉を混ぜた漆)を用いて絵を描き、金粉や銀粉、色粉を蒔き、湿し風呂に入れる。下付けの漆が固まったあと、蒔絵の部分に漆固めを行い、磨き上げる。金粉の高さだけ厚みがついた蒔絵を呼ぶ。粉を細かく均一に作られるようになった桃山時代に多く作られる。
肉合研ぎ出し蒔絵 (ししあいとぎだしまきえ)
高蒔絵と研ぎ出し蒔絵、平蒔絵を組み合わせた技法。風景などの画面の複雑な遠近感を表すことができる。蒔絵の高度な技術が要求される。江戸時代に多く作られた。
螺鈿 (らでん)
螺は巻貝を鈿は飾るという意味を持つ。貝を嵌め込んで装飾した物一般をさす技法であり。木地螺鈿(木の杢目の上に貝を象嵌した物)と漆地螺鈿(漆を塗った表面に貝を象嵌した物)がある。貝の厚さによって技法名称が違う。
厚貝螺鈿 (あつがいらでん)
厚貝は百枚重ねて四寸(132mm)位の厚みの貝を呼ぶ。
貝をやや薄い板状にし、下絵を写し取り糸鋸などで貝を切り抜く。比較的大きな文様の場合は小さな部分を組み合わせ、色みを変えて切抜き、模様を合わせる。
漆の表面に下絵を描き、布まで彫り、厚貝を嵌め込み、漆で接着する。
又は、木地の上に直接貝を接着し、下地工程を施し、上塗をして研ぎ出す方法もある。
貝は夜光貝,あわび貝,白蝶貝,黒蝶貝,黄蝶貝、あこや貝等が用いられる。貝殻の内側の七色に輝く真珠層を磨いて使うので、内側を使う場合と外側の皮を研ぎだして使う場合がある。
薄貝螺鈿=青貝 (うすがいらでん=あおがい)
薄貝は百枚重ねた厚さが二分五厘(8.25mm)の厚みの貝を呼ぶ。
一枚あたりの厚さは(0.08mm)程度である。
文様を作る方法は、針やメスで切り抜いたり、形を作った鏨(たがね)で打ち抜いたり、絵以外の部分を希塩酸で腐食する方法がある。短冊状に切るには大きめの平たい刃物を使う。小型の包丁などはアールがついていて切り出しやすい。切抜いた貝を漆で貼り付け、何層にも上塗を行った後、研ぎ出して磨き仕上げる。貝の裏に色や金で伏せ彩色をすることもある。
沈金 (ちんきん)
塗り立て面を点、線、面で彫り、漆を摺り漆して、そこに金箔を押し込んで金色の文様としたものを言う。中国では細い針の素彫りから始まった技法で、金を入れるのは後になってからである。刃物の形(やり=鎗)から鎗金(そうきん)技法と呼ばれる。中国では針で彫るため、細い線の集合体になり、硬い感じである。日本の沈金は抑揚=毛筆の線のような自由な表現が可能である。輪島式と先をU時に曲げた川連式の鑿がある。
平文 (ひょうもん)
金属の薄い板(金,銀,錫)を中塗り研ぎ面に漆で貼り、上塗りを何回も行い研ぎ上げて、磨く技法を言う。金属の板の上に細い針で模様を彫る場合もある。中国で漢時代に流行った技法で主に銀の板の光と漆面を対照的に見せる。中国では平脱と呼ぶ。
堆錦 (ついきん)
漆に熱を与えて、シルい不乾性の漆をつくり、顔料を叩き込んで混ぜ、餅つきのようについて平らに伸ばして板状になったものを切抜いて絵柄とする。切抜いた絵柄を漆で貼り付け、その絵柄の上を金属の箆でレリーフ状模様を入れる。花の絵柄などは、花は赤や黄、葉は緑などを用いる。琉球漆器独特の技法である。
蒟醤 (きんま)
漆面に突き鑿状の物で線彫りし、その窪みに顔料の多く固い彩漆を箆で何回も埋めて研ぎ出し、磨いて色漆の模様を表した技法。ビルマにて多く見られる。蒟醤=きんまの語源は漆器の積出港であったチェンマイがなまった説と、キンマークの実を入れる箱から来た物とある。使われる木地は籃胎(らんたい)であり、ビルマ、タイ独特の節間が1メートル位の長い竹を編むか、巻胎で作る。竹と馬の尾を使って軽くしなやかな胎も作る。
存星 (ぞんせい)
黒漆の上にさまざまな彩漆で文様を描いた漆絵の周りを線彫り=素彫りで強調した物を言う。中国で発達し、いまでも良く見かける。
芝山 (しばやま)
象牙、骨、厚貝、玉、貴石、珊瑚、陶磁片を模様にし、金地の面や象牙の上に象嵌をする。
江戸期から明治にかけて、ヨーロッパで大流行をした輸出漆器。その精巧さと素材の美しさで今でも高い価格で取引されている。
卵殻 (らんかく)
鶏、鶉などの卵の殻の内側の薄皮をとり、細かく割り、漆面に漆で貼り付け文様とする技法。白=卵殻のドットの大きさと粗密を変えることにより奥行と立体感が出る。白黒写真を何回もコピーにかけて、画面を大きな粒子に置き換えた画面になる。現在ベトナムでは卵殻による見事な漆絵が大量に作られている。漆液自体には色がついており、白漆を作ることが出来ないが、卵殻を使うと白と黒の対比を使った効果的な画面が完成する。
箔絵 (はくえ)
漆で絵を描いた上に金箔を貼り、表現した作品をいう。又、アラビアゴムなどの水溶性の糊に色をつけて漆面に絵を描き、すり漆をして金箔を貼る。固化後作品を水につけると先に描いた絵のところの箔は水の中に落ち、それ以外のところが金になって現れる。金の箔のところに細い棒でタッチを入れて仕上げる。タイで多く作られる。
彫漆 (ちょうしつ)
漆を塗り重ねた層に美を見出す中国創始の技法で、金属の胎の上に、厚い塗膜層をつくり、表面を彫り、文様としたものである。朱漆を何度も塗り重ねて彫った堆朱(ついしゅ)が、古来は一般的であった。中国では剔紅と呼ぶ。層を際立たせるために間に黒漆を入れることが多い。黒漆だけを塗り重ねた物を日本では堆黒(ついこく)、中国では剔黒と呼ぶ。現在はさまざまな色の色漆を塗り重ねて彫ることから、一般的に彫漆と呼ぶようになった。特別な名称として紅花緑葉、屈輪がある。日本の鎌倉彫、村上堆朱などは木を彫って、漆を塗り重ねる物で唐物崇拝として日本人が編み出した技法である。

(花を朱漆、葉を緑漆の層で表す)
(ぐり=渦巻きの絵を彫る=日本の縄文の意匠との関連は興味深い)

三田村有純著  「漆とジャパン 美の謎を探る」より抜粋